私の自己啓発

私は、若いころから、よく自己啓発本(実用書)を読んでました。小説も好きだけど、実用書もなかなか面白いことが書かれていて、文字通り自己を啓発されます。最初に読んだのは、美しい敬語の本。それから、接客サービス業の本。いっぱしのホテルマンになるために、読みあさった専門書の数々。接客の達人、接客の極意など関係のありそうな本は、大抵、読んであとは独学。

それから、約12年後、一大決心をして医療事務の本を手に取りました。30歳を前に、できるかどうか不安だったけど、接客サービス業だけでは、手に職がつかないし、歳を重ねると前線では働けなくなるからです。だんだん、バックに下がり、いわゆる「縁の下の力持ち」前線の現場が好きだった私にとっては、結構、寂しいことでした。だからという訳でもないけど、とにかく、手に職をつけ、地に足のついた仕事がしたくて選んでみました。本を読めば読むほど興味を持ちました。当時、医療材料を扱う会社で働いていたこともあり、すんなり、勉強にも打ち込めました。また、特に、気にいったのは、接客サービス業の経験もいかせるところです。だ

から、私は夢を持ちました。病院をホテルのようにしたいと。現実は、そう上手くはいかなかったけど、やりがいのある仕事でした。一旦、退いてからも、夢は持ち続け、「いつか、きっと」って思ってました。次に、手掛けた自己啓発はパソコンの技術。仕事で、パソコンはかなり使ってたので本格的に勉強したくて挑んでみました。履歴書に書ける資格が欲しいと思ってたところに、職業訓練校の募集。チャンス到来です。そして、自分をワンランク上げるため、職業訓練校のITスキル科に入学。ワードは苦手だったけど、エクセルの資格を取得。アクセスやパワーポイントも学びました。

そして、一連復帰し、医療事務職へ再就職。再就職には、かなり有利でした。採用もパート勤務の募集だったけど、先方から、契約社員になってほしいと言われました。あらためて、自己啓発の大切さを実感しまた。勉強してて良かった。資格を取ってて良かった。と思いました。後は、夢を叶えることでしたが、難航。夢を叶える前に、自分が壊れてしまいました。うつ病再発。あとになって、私は、思いました。まだまだ、自己啓発が足りないと。人のせいばかりして、ひとりよがりになってました。それが、病気を悪化させた理由。何年もかかって、やっと、少し元気になってきて、短い時間だけど、TANOSHIKAで働けるようになって、最近、自分とまた向き合えるようになってきました。

そして、やっと、自己啓発の本を読む気になりました。最初に手に入れたのは、「自己啓発入門」人は、この瞬間に変わることができる。それは、大切な人のことを考えた瞬間だ。という見出し。だけど、手に入れたまでは、良かったけど、なかなか、読むことに集中できないでいます。

読みたいけど読めない。そんなもどかしさ。大切な人。今の私にとっては、お母さん。そう思うと、重く、のしかかるものがあって、先に進めない。とっても、もどかしいです。自己啓発もどんどんしたいけど、最新の医療事務の勉強もしたい。でも、いざとなると逃げ越し。「今のままでいいや」と思ってしまう。歳のせいかな。自信がない。悶々として、暗くなる。そして、息苦しくなって薬に逃げる。薬に逃げてばっかりです。あの頃は、若かった。今の私には、もう、そんな元気はありません。何かをやりたい。今も、また薬を飲んでしまいました。焦れば焦るほど、襲い掛かるうつ病の発作。これじゃあ、自己啓発どころではありませんね。本当は、これを書きながら、皆さんに、自己啓発をお薦めしようと思ってたけど、今の私には、そんな資格も元気もなかったようです。

七転び八起き。私は、もう一度、起き上がれるでしょうか?TANOSHIKAは、今成長しています。人数も増えました。私は、こうして、毎日、ブログを書き続けてます。息詰まることもあります。毎日、今日は、何を書こうか?と考えています。そしたら、意外と書けるもので不思議ですね。これについて書こうとすると力が入りすぎて、難しい内容になってしまいますが、何も考えないで、ありのままの、今、この瞬間の私を書こうとするとスラスラ書ける。

自己啓発って、結局、何なんでしょう。若い時は、それがいいことと思い、積極的にやってきましたが、この病にかかり、すっかり歳もとって、「いざ、再出発」と思ったら、気が引けてしまいました。「これじゃあ、いかんですね」「もう一度、立ち上がらなくては!」自己啓発の本の中に、

『チャンスとチェンジ』という言葉があります。この二つ似ていますね。チャンス(chance)に少し手を加えるとチェンジ(chenge)になる。チャンスって常に、少し手を加えれば自分が変われるってことなんだということです。チョイス(choice)も。どんなピンチも、どんな選択をするかでチャンスに変わってしまう。まとめると、全てのチャンスがそこに少し手を加えることで、自分の成長につながる。そして、どんなピンチが舞い込んで来ようとも、私の選択次第でピンチがチャンスに変わるということ。

今は、プライベートも大ピンチ。なんとかしないといけないことがいっぱいです。ピンチをチャンスに。チャンスをチェンジに。まずは、薬をへらすことかな。焦らず、ゆっくり自分を変えていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)