私の夢

この記事は約 2 分で読むことができます。

TANOSHIKAにきて半年、ブログをたびたびアップしてもらえるようになり、また温かい支援員さんに見守られて、ますます居心地がよくなってきた。

ブログを書くことも楽しくて、張り切っている。たまに、書いてて薬を飲まないといけないほど具合が悪くなるけど、それでも楽しい。

私は、若い時から、物書きになってみたいと思っていた。小学校の頃、感想文を昼休みに、放送室から発表したこともあった。

また、ナスカの地上絵を元に、小説を書いて発表したこともあった。

私が、今現在、唯一保持している漫画で、「ねこのしっぽ」というのがある。その漫画を描いている人が、実際に猫を飼いながら、漫画を描いている日々を描いている内容。

なんとも、ほのぼのとしていて癒される。

漫画は描けないし、執筆の才能もないけれど、私も、そんな日々をおくってみたいと、うらやましく思った。

社会に再び出るのは怖いから、特に、そう思う。でも、今でも、充分に満足している。ブログをアップしてもらえることは、とても、うれしいから。アップしてもらえなくても、支援員さんたちが、読んでくれるから。

口数の少ない私の心の声。先生にも、上手く伝えられないことも、ここでは書ける。そして、読んでもらえる。

こんなにうれしいことはない。TANOSHIKAに来てよかったと、つくづく思う。

読んでもらえるって、うれしい。できれば、先生にも読んでもらいたい。

私の夢。まだ、あったよ。

一時は夢も希望も失ったけど、まだ、あったよ。でも、執筆者になることは無理だなあ…。

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)