人体を進化させるのは倫理に反するか?

この記事は約 3 分で読むことができます。

僕は先日衝撃的な動画をみました・・・

 

見はじめて1〜2分くらいは

あー「行き過ぎた遺伝子組み換えは良くない」みたいな内容かと・・・

でも全く違ったんです。

 

とりあえずご覧ください!(ブラウザの翻訳機能を停止することを推奨)

フアン・エンリケス

数百年後、人類はどんな姿だろうか?

 

 

いかがでしたか?

 

動画めんどくさい・・・って人のためにざっくり説明しますが

 

まず皆さんに一つ質問をさせてください!

「人体を進化させるのは倫理的だと思いますか?」

このことを考えながら読み進めて頂きたいです。

 

 

人間は古来より自身を進化させてきた

第一の文明 見た目の改良

 古典的な義手や美容整形など

第二の文明 人間の基礎的な改良

 成長ホルモン投与での背を伸ばしたり痩せたりなど

 

ここまでが現在だとすると、今後

第三の文明 劇的な再設計

 肺を使わずに血液に酸素を取り込むなど、太陽系内で生きていくため 

第四の文明 時間の尺度や人体を似ても似つかないほどの改変

 太陽系外に進出するために何万年とかかるため

 

と進んでいくそうです。

 

文明・人体をさせる技術

①新しい塩基配列

 学校で習うATGCです!それをATXYまたはATCG+XYに改変する技術でこれにより人体の生成できるアミノ酸が20種類から172種類にできる可能性がある

②脳移植技術

意識を移植する研究で、意識の入出力系(難しかったらごめんなさい!)を人体以外の物質に移植できそれが宇宙でも生存し何万年も生きられるとしたら?

 

ここで最初の質問に戻ります。

 

「人体を進化させるのは倫理的だと思いますか?」

 

なぜ人を改良したいのでしょう?

それは

僕たち人類が「種」として生き残るため

地球は過去に5度生命がほとんど絶滅するほどの災害に見舞われました

それでも生きていくため

地球外でも生きていくため

だからこそ

「人体を改良しないことは倫理に反するのです」

僕たちの孫の孫の孫の孫の世代がいつかいくかもしれない場所へたどり着くために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です