モバイルアプリでうつ病を治療する時代が来る?

この記事は約 3 分で読むことができます。

今回は米国サイトの記事を紹介したいと思います。

精神保健試験のための明るい技術的未来

パトリシア・アリアン博士の研究によるとモバイルアプリで、うつ病を治療する事は実現に近づいてるようです。

アリアン博士はワシントン大学の精神医学教授であり、BRIGHTENセンターの共同ディレクターです。博士は認可された臨床心理学者であり、メンタルヘルス研究者です。彼女はいくつかの臨床試験を行っており、心理社会的介入の基準を設定する医学研究所、国立精神衛生研究所の国立諮問委員会などの健康委員会を担当しています。

スマートフォンやタブレットでゲームをしたり、映画を観たり、請求書のお金を払ったりすることは、一般的になっています。

ポケットに入れた技術を通してほとんどすべてをやることに慣れています。このスマートフォン革命は、精神研究も例外ではありません。

パトリシア・アリアン博士の BRIGHTENの先駆的研究では、スマートフォンアプリによる研究はすでに実現しています。

BRIGHTENの研究は、治療介入と実際に試験を行う技術の両方を使用していたことから注目に値するものでした。言い換えれば、研究チームは技術を使って参加者を募集し、選考し、登録し、治療し、評価しました。BRIGHTENは、この技術が新しい有望な試験をするのに効率的な方法であることを示したことから、特に注目に値しました。

博士の目標は、モバイル機器だけで無作為化試験(RCT)を行うことが可能かどうかを確認することでした。RCTは、研究者が効果を比較できるように、参加者を異なる治療法にランダムに割り当てる研究です。博士は、人々がモバイルのうつ病研究に参加することに同意するかどうか、モバイル調査が手軽であるかどうか、そして人々がモバイル療法を継続して使用するかどうかを知りたがっています。博士の発見は、短時間で多数の参加者を募集することが可能であることを示唆しています。彼女はまた、最小限のコストで研究を行うことが可能であることも発見しました。

https://www.nimh.nih.gov/news/science-news/2016/a-bright-technological-future-for-mental-health-trials.shtml

モバイルアプリでうつ病の予防や治療ができれば、医療費の削減や医療・福祉現場での負担軽減になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です