<抗不安薬の依存性について>

この記事は約 5 分で読むことができます。

   どんな人でも、一度は薬を使った事はありますよね?

風邪を引いたときや頭痛のときなど、みんな薬の恩恵を受けています。

今回は精神疾患の一つ「不安障害」の治療に使われる「抗不安薬」について書いていこうと思います。

抗不安薬の種類[編集]

SSRI[編集]

ベンゾジアゼピン[編集]

ベンゾジアゼピン系の不安に対する使用は、短期間に限定される。ベンゾジアゼピン系は、不安障害を治療するための他の処方薬が効きはじめる間までの期間を補う目的で用いられることがある。通常、短期的な中枢神経の沈静が必要な時の一次選択であり、さまざまな症状に用いられる。2週間を超える使用は、離脱症状リバウンド症状の危険性がある。長期間使用した場合、耐性や依存性が生じる[13]

アザピロン[編集]

バルビツール酸[編集]

プレガバリン[編集]

   【薬品名】・デパス・ソラナックス・ワイパックス・レキソタンなどです

抗不安薬はその名の通り不安緊張を和らげる薬です

しかし

長期間、多量の使用を続けていると耐性依存性が生じる可能性があります。

また、筋弛緩作用、睡眠作用によって眠気、ふらつき、物忘れが出てしまう

可能性があり注意が必要です。

 【耐性とは】薬に体が慣れてきてしまい、薬の効きが段々悪くなってくること

     耐性が生じると薬の量を増やさないと効果が得られなくなり、

     結果服用量が増えてしまう可能性がある

 【依存性】薬がないと心身が落ち着かなくなってしまうこと。

      依存性が生じると、薬の効きがなくなるとイライラ、ソワソワ

      して落ち着かなくなったり、震え、発汗、めまい、痺れ、頭痛

      など身体症状が現れてしまう

抗不安薬は強いものがほどしっかりと不安を抑えてくれますが強ければ強いほど

良いというわけではありません。一般的に作用が強いほど、副作用も多くなる

傾向があります。また、作用が強いほど耐性、依存性も生じやすくなります。

私も、実は抗不安薬に依存性が出てます。医師からも依存になりいやすいから

少しづつ減らして行きましょうと言われてて薬を飲んで効き目が切れると体の震え、

イライラしたり依存の症状が出ています。

減らさないといけないと分かってても減らすことが出来ずにいます。

これが薬の依存性です。

 

 

【実は天然の抗不安薬も】

天然ハーブ

一部の天然ハーブは不安解消効果があるとされている。

自分の不安の強さに応じて、適切な強さの抗不安薬を選ぶ事が大事です!!

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です