【解離性障害について】-原因と症状- 私の場合

この記事は約 5 分で読むことができます。

 

私には解離性障害があります。

 

解離性障害とは何でしょう?

 

<特徴>

不安やストレスに抑えられその日の記憶が曖昧になって記憶がなくなります。

身体が離れて(離人症)頭の中がボーっとなり(解離昏迷)になり体や声を出す事が出来なくて自分と全く、違う別人が出て来ます(多重人格障害)

何人か別の人格が出て来ても一人の人格が出て来た事しか記憶がありません。

身体が宙に浮いたような感覚になります。

これが解離性障害です。

 

 

  私もその中の一人の解離性障害です。

 

 

 

私の場合は強いストレス、PTSDなどの症状で発作の症状が出ます。

 

<主な症状> (発作時)

 ・意識が昏迷状態になり意識消失を起す

 ・意識回復の時間に差がある

 ・意識を無くした時の記憶がない(男の人格が出て来てうめき声が出てる)

 ・身体が硬直してまるで金縛りにあったような感覚で身体を動かす事が出来ない

 ・私の中に二人の人格がいる

 ・別人格が出て来ても記憶がない(別人が出て来た時に家族から聞きました)

                  幼い女の子、男の人

 ・居場所が分からない(久留米にいるのに福岡に住んでた記憶が出る)

 ・発作時に道路に飛び出す(興奮して暴れる)

 ・身体の震え

 ・幻聴、幻覚

 ・家族や周りの人が誰か分からなくなる

 ・過呼吸発作

 ・力の脱力感

 

この様々な症状が出ると記憶が全くありません。

日常生活にも支障をきたしてとても困ってます。

職場でも度々、発作を起し気付いたら横になってます。

自宅でも発作を起し救急車で搬送された事もあり無意識で自傷行為をしてる時もあります。

 

今は薬物療法で発作が出ないようにコントロールをしてるけど薬が追いついてなく

症状が進行しています。

 

先週も自宅で発作が起きて私から幼い女の子が現れ旦那に食事を食べさせて

もらったり旦那が言うには3歳~4歳ぐらいの女の子が出て来たそうです。

子供のおもちゃを欲しがったりしてたそうです。

私には記憶がない為、聞いた時はとても恥ずかしかったです。

現実逃避をしたいと感じてると別人格が出て来るみたいでパートナーや

家族の前だけで現れる見たいです。

旦那からこんな励ましの嬉しい言葉を貰いました。

 

      「これだけの障害を持っててもお前は俺の嫁さんだから!」

 

この言葉を貰った時はとても嬉しくて私が持ってる障害とちゃんと向き合わないといけない

と思いました。

こんなに症状が出る時はストレスの負荷がかかった時にコントロールが効かなくなり

症状として表れます。

 

<解離性障害の人との接し方>

 ・発作が起きて意識が戻るまでは無理に起さない

    (軽く声かけをする)

  ・解離性障害を持ってる方がいたら理解をしてあげて差別をせずに

   接してあげて下さい

  ・初めて接する方は最初はびっくりされてどう対応して良いか分からず

   慌てられます。症状が落ち着くまでそっと、見守ってあげて下さい。

  ・意識昏迷状態に入ると興奮してしまう事があるので

   必ず「大丈夫だから」と声をかけてあげて下さい。

  ・解離性障害の人には周囲のサポートが必要になります。

 

 

私が最初に解離性障害と診断されたのは今から5年前でした。

当時は重度の神経症からうつ病、解離性障害と症状が移行して行きました。

病院で知り合った患者さんに「何の病気なん?」と聞かれて

「解離性障害だよ」と答えると「何?それ?病気?」と言われ正直、凹んでいました。

それだけ理解されてないって事ですよね。

確かに解離性障害も発作が出ない限りは見た目では分かりません。

 

でも、ちゃんと理解してくれる人が私の周りにはたくさんいます。

理解してくれる人達を信じてゆっくり前を向いて進んで行きたいと思います。

私もTANOSHIKAの支援員さん、メンバーさん、ヘルパーさん、家族に

サポートをしてもらっています。

 

   障害に負けず

      焦らず

        ゆっくり前へ!!

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です