アダルトチルドレン(AC)ー5つのタイプー

この記事は約 3 分で読むことができます。

前回はACとは?という記事を書きましたが、今回はその続きでACの5つのタイプについて書いてみます。

機能不全家族の中に育った子どもは、子供時代を生き延びるために、様々な努力を重ねて来ました。下にあげた5つのタイプはけっして固定したものではなく、一人でいくつかの役割を重ねもったり、入れ替わることもあります。

 


1.HERO(ヒーロー=家族の期待を一身に請け負ったタイプ)

□学校ではいつも良い成績をとれるよう努力していた

□周囲に能力を評価されなかったら、自分の価値が感じられない

□もっともっと努力しなければと、いつも自分を追い立ててしまう 等々

2.SCAPEGOAT(身代わり=家族の問題を行動化するタイプ)

□親や教師に反発や怒りをぶつけてきた

□自分なんかどうでもいいと感じることが多い

□ちょっとしたことで周囲との関係が壊れてしまうことが多い 等々

3.LOST CHILD(いなくなった子=存在しないふりをして生きのびたタイプ)

□家庭でも学校でも、なるべく目立たないように行動してきた

□「素直な子」と褒められるよう行動してきた

□自分の存在が忘れられているように感じてきた 等々

4.CLOWN(道化師=おどけた仮面を被って不安を隠してきたタイプ)

□小さい頃から周囲を笑わせよう、和ませようと努めてきた

□自分の不安や弱さを相手に悟られないように努めてきた

□その場がしらけたり、気まずい雰囲気になると非常に不安を感じる 等々

5.CARETAKER(世話役=親や周囲の面倒をみてきたタイプ)

□「やさしい子」「思いやりのある子」と言われるよう努めてきた

□周囲の役に立つようがんばってきた

□自分勝手にならないよう、してほしいことがあってもがまんしてきた 等々


この5つは多少誰しもが持っていると思います。何事もそうですが過ぎるとキツイと思います。生き辛さを抱えてしまった人がACと言う事になります。

因みにですが私は道化師と世話役にあたいするかと思います。私は一男二女の次女です。「私はいらない子なんだ」って思ってました。実際に母からは「娘はよその子。兄が居ればいい」見たいな事を言われてました。自分の存在を認めてもらうために、自営業の事務所に居座ってお客さんが来るたびに愛想振りまいてました。そしてリウマチで介護が必要だった祖父の世話をしてました。唯一褒めて貰える事でした。私が世話好きで看護師の道に進んだ理由の一つかもしれません。

いかがだったでしょうか?あなたはタイプですか?生き辛さを一人で抱え込まずに回りの方に相談してみてください。

 

イルカ

 

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です