自分を傷つけてしまう私とあなたへ

この記事は約 3 分で読むことができます。

私は、今まで何度も自分の身体を傷つけていました。

無意識でしてしまってた事もあります。

傷を付けて血を見ると気持ちがスッキリしていました。

 

中には私みたいに現実逃避からやってしまう方もいます。

ストレス発散でしてる方もいます。

 

 

私が言うのも何ですが、傷付けても抱えてる問題は何も解決しません。

傷が増えるだけで「しなきゃ良かった」と後悔が出ます。

そこで、どうしたら踏みとどまる事が出来るのかを考えてみました。

 

<対策>

 ・傷つけたいと思ったら手首に赤い油性マジックで(線)を数本

  書いて手首を見てを血液と思って心を落ち着かせる

 ・カットバンを貼る

 ・ストレスを感じたら一人カラオケに行く

 ・刃物を見ない、買わない

 ・外に出て空を見て深呼吸をする

 ・趣味などに集中する

 ・切りたいと思ったら受診したり看護婦さんに話を打ち明ける

 ・周りの人にSOSを求める

 ・ストレスを貯めない

 ・お気に入りの音楽を聴く

 ・考えない  (考えてもなるようにしかならないから)

 【後悔をする時が絶対に来ます!

私の場合は、昨日まで自傷行為をやりたいと現実から逃げたいと思ってました。

でも、TANOSHIKAの社長、支援員さんが今、サポートをして

くれてるからここで負けたらいけないと思い踏みとどまる事が出来ました。

切らずにカットバンを手首に貼って見ると少し気持ちが落ち着きました。

切ってしまったら社長、支援員さんを悲しませてしまうので。

 

心の中で、「切っても問題は解決しない」と言い聞かせています。

 

正直、古い傷を見て後悔しています。

前に傷を見られて「薬をしてるやろ?」と勘違いされて言われた事があります。

その時は凄いショックを受けて寝込んだ事がありました。

それからはあまり、暑い今の季節でも外出する時は半袖を着る事が出来ません。

今では、海水浴、プールに水着を着て入る事が出来ません。

銭湯も家族風呂じゃないと入れません。腕を出す事も出来ません。

自傷をして病院で処置をしても健康保険が使えず自費になります。

自傷の場合は保険適応になりません。

傷は残って消えていません。

 

 

私もしてた事があったからこそ、強く言いたい!

自分を傷付ける事はしないで欲しい」

自分を傷つけてしまう私とあなたへ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です