【アスペルガー症候群とは?】 ー病気や障害ではない?ー

この記事は約 2 分で読むことができます。

アスペルガー症候群とは?

皆さんはアスペルガー症候群についてどんなイメージをお持ちですか?

天才的? 落ち着きがない? コミュニケーションが取れない?

今回はアスペルガー症候群の基本的な特徴について書きたいと思います。

イギリスの『国際自閉症協会』のサイトでは


アスペルガー症候群とは、他の自閉症のプロファイルと同様に、人々が世界を知覚(見たり、聞いたり、触ったり)し、他人とのコミュニケーション方法に影響する、生涯にわたる発達障害です。


とあります。

アスペルガー症候群の人々は、世界を他の人とは違って「見て」「聞いて」「感じ」ているのです。

人によって千差万別ですが

わかりやすいものでは

・過度に体を触られるのを嫌がる

・音や匂いに敏感に反応する

・相手の気持ちを推測するのが苦手

・注意力はないが自分の興味のあるものには異常に集中する

といった特徴があります。

また同サイトに


アスペルガー症候群は、病気や障害ではなく「治癒」することはできません。

アスペルガー症候群の特徴自体が、本人の人格の基本的な側面でもありのです。

しかし、その特徴ゆえ、メンタルヘルスの問題その他の症状も併発しやすいため、さまざまなレベルとタイプのサポートが必要です。

知的な発達の遅れが見られることもありますが、アスペルガー症候群の多くが平均的な知性を持っています。

彼らは通常、多くの自閉症者が持っている学習障害を持っていませんが、一部の学習障害があるかもしれません。スピーチは得意だが、言語の理解と処理には困難が伴うなどです。


とあります。

TANOSHIKAにもアスペルガー症候群のメンバー(利用者)がいますが

本当に個性的で自由な発想をする方です(^ ^)

農業も合っているみたいで、先月は皆勤賞でした!

実際に接してみて、周りの人の理解と環境さえあれば

就労だって全然可能だし、自立した生き方もできると感じています。

今回は本当に基本的な部分ですので、また、詳しくは次回に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です